ヨーグルトを朝晩食べて快適生活

私は健康の維持・促進のため、毎日朝晩の食事時にヨーグルトを必ず食べることにしています。

そのような食生活をする以前は、便秘に悩まされていました。なにか良い方法はないか、いろいろ考えていましたところ、友人から勧められて、ヨーグルトを毎日、朝晩食べるようになりました。そうしましたら、嘘のように便秘が解消されてしまったのです。

その教えていただいた食べ方は、つぎのようなものでした。スーパーなどで400gのビフィズス菌入プレーンヨーグルトを買ってきまして、朝晩100gづつ、オリゴ糖をかけて食べます。オリゴ糖もスーパーで買うことが出来ます。

大腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌がたくさんいる健康な大腸内は酸性ですが、悪玉菌が多くなるとアルカリ性になってしまい大腸が排便をするためのぜんどう運動が不活発となり、便秘ということにはってしまうわけです。

ですから、善玉菌の一種であるビフィズス菌が入っているヨーグルトを食べることは、体外からビフィズス菌を補充することになります。また、オリゴ糖はビフィズス菌を元気にしてくれる栄養のようなものですので、大腸内にもともといるビフィズス菌を元気にしてくれます。

この食べ方を1ヶ月続けましら、便秘で困ることはなくなってしまいました。ヨーグルトは朝晩の食事には無くてはならない存在になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>